0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳巡りへ

みみっかき!

というわけで、突如計画した耳巡りへ行ってきました。

【原田の耳かき→みみけっと→山本耳かき店】

という耳なプラン(みみけっとは違うけどw

山本耳かき店のお気に入りの小町さんは日曜に出勤することがほとんどないので
今回、みみけっとが土曜日で助かりました。


最初に訪れた巣鴨…初です!

お年寄りが多くてイメージ通り。

巣鴨地蔵通商店街

てこてこ商店街を進んでいく。

お饅頭、雑貨、そば・うどんなどのお店が多いです。

髙岩寺

到着~、このお寺の中でお店を出しているらしいです。

さて…どこかn

原田の耳かき

入ってすぐ右にありました。

怪しいですねw

店主は、眼鏡をかけた30半ば程の男性でした。

以前は馬木の耳かきとして出店していたのですが、馬木さんがお亡くなりになられたので

兄弟子の原田さんが引き継いだそうで…でも原田さんは女性らしいので、この方はお弟子さん?

とまぁ、そんな感じの情報を仕入れましたが真相は不明ですw

原田のお品書き

販売物はこんな感じです。

左から、普通の耳かき・紐付き・竹の節付き・両側となっています。

竹の種類はサラシとススです。

日本一高い耳かきというふれこみは伊達じゃないお値段です。
(現在だと各方面の職人が貴族のお遊び的に作ったような耳かきが5000円前後で売られています。)

自分は、普通の耳かきのサラシ竹で極細の耳かきを、同じくスス竹で自分の耳に合った耳かきを注文。

「耳を見せて。」と言われ、1m程の距離でさっさっと見せる。

え、これだけでわかってしまうのか…もっとよく見せるものだと思っていました。

耳かき職人

作業をちょっと見学させてもらいました。

う、うん…何してるのかよくわからなかった。

こんどちゃんと聞いてきます(;^ω^)

10分~20分で出来るとのことで、暇つぶしにお寺の中を回ってみました。

煙を頭に浴びたり、お賽銭したり。

幸福だんご

縁起がよさそうなので、幸福だんごを食べたり。

美味しくはなかったw

そんなこんなで耳かきも出来上がりました。

自分の耳を見せて作ってもらった方…皿が大きい!

「あの…皿大きくないですか?」

「ふふっ、そう思うでしょう?使ってみてください。」

かき…んっ?

かきかき…なん…だと…しっくりきやがる!

正直、手作りの物珍しさ以上の期待をしていなかったので感心しました。

もう一つの極細耳かきは、思ったより太かったので「もっと細く!」と調整を頼んだ末に完成。

みうの耳かき

うーん、満足!

購入した耳かきを持っていけば調整もしてくれるらしいので、近くの人はいいですね。

ぼんてん?

最後に、すがもんのおしりなるものを。

ミミカキストとしては巨大梵天にしか思えませんでしたけどね(゚∀゚)

長くなってしまったので後半は後程~。

テーマ:耳かき
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

プロフィール

MIU

Author:MIU
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。